時計バンクってどんなサービス?!

そもそも時計バンクについて、ご存知でない方に、自己紹介がてらご説明したいと思います。

会話形式でわかりやすく解説しますね。

【登場人物】

時計バンク代表 ハットさん…テレビやラジオでお馴染み「みやび屋質店」の社長。

加藤くん…時計の買い替えを検討中で、「高く売りたい!」思いは人一倍な32歳サラリーマン。

ーどんなサービスなの?

img59454461

時計バンク代表・ハット さん
時計バンクに依頼する=「自分の時計をセリ市場に持ち込む」という感じかな。
加藤くん
え?!どういうことですか?時計バンクは時計買取の店じゃないんですか?
時計バンク代表・ハット さん
ちょっと違うんだよね。うちはみやび屋質店も経営しているので、店頭買取も多いんだけど、その何十倍もネットの査定依頼が多いんだ。
時計バンク代表・ハット さん
普通の買取店だと査定に出すと、市場の相場価格からその買取店の利益を差し引いて、お客様に「買取査定額」を提示するんだけど、時計バンクは「市場相場そのまま」なので、店頭買取より高い売却額が期待できるサービスなんだよ。
加藤くん
何かワクワクする感じですね!

ー古物市場の相場を一般のお客様に。

person-apple-laptop-notebook-landscape

時計バンク代表・ハット さん
ところで、加藤くんは古物市場って知ってますか?
加藤くん
いや、全くわかりません。
時計バンク代表・ハット さん
ではカンタンに説明しますね。古物市場とは、世の中のリサイクルショップや質屋さんが出入りするセリ市場のことです。
時計バンク代表・ハット さん
各業者が店舗などで買い取った商品は、自分のお店だけでは売却できないので、その市場に皆が商品を持ち寄って業者間売買を行うんです。
加藤くん
おぉ!じゃあ、僕もその古物市場に行けば高級時計を高く売ったり、安く買ったりできるんですね!
時計バンク代表・ハット さん
いやいやできない(笑)ここはあくまで公安委員会から古物商として許可を受けた古物業者、質屋業者しか入れないクローズドな市場なんだ。
加藤くん
残念…。
時計バンク代表・ハット さん
ちなみに俗に世の中で言われている「ロレックスの○○番の相場は30万円」などとされる根拠はこの古物市場のち取引相場価格のことなんだよ。
加藤くん
え〜!そうなんですね!知らなかった!
時計バンク代表・ハット さん
ですから一般の買取店は、まずこの相場価格から自分のお店の利益を差し引いてお客様に査定価格を提示するわけ。
加藤くん
ふむふむ。
時計バンク代表・ハット さん
実際にはセリに掛ける前に「磨き加工やオーバーホール」を行う手間とコストがあるので、「右から左に流すだけ」ではないんだけどね。
加藤くん
じゃあ、その古物市場の相場と一般買取店の買取価格には大きな開きがあるということは間違いなさそうですね。
時計バンク代表・ハット さん
その通り!だから時計バンクは、そのセリ市価格で売却してもらうためにあるサービスなんだよ。

−だから時計バンクじゃないともったいない

お客様の実話_小

時計バンク代表・ハット さん
ということで、時計バンクは15社の業者に入ってもらって、お客様の商品を査定してもらうことで、「セリ市場」を再現しているんだよ。これなら、お客様は一般の買取店よりも高くで売却ができるからね。
加藤くん
ということは、私達お客にはいいことづくめですよね?
時計バンク代表・ハット さん
うん。一切デメリットはないサービスだと信じているよ。ただ、ちゃんとした価格をつけるには「商品を見ないといけない」んだ。
時計バンク代表・ハット さん
例えば「小さな傷しかない時計」でも、その傷の場所が「磨きでは取れない場所、深さ」だと、価格はカンタンに何万円か下がってしまう。
時計バンク代表・ハット さん
シビアに高い売却額をサポートしている反面、モノを見ずに値段だけつける、といったいい加減な業者より、少しだけ手間がかかってしまうよね。
加藤くん
逆に物を見ずに値段をつける業者だと、後々トラブルが起きたり、適正価格で買ってもらえなかったりするってことかもしれませんね。
時計バンク代表・ハット さん
その手間は「プロに依頼する手間」だと割りきっていただければと思いますね。
加藤くん
それは必要なことですからね。もう、時計買取は時計バンクに送るしか無いですね!
時計バンク代表・ハット さん
下の申し込みボタンから依頼してもらえれば、早ければ当日にでも取りに伺います。もちろん送料はウチ持ちなので、すぐにお申し込みしてくださいね〜!相場ページも日々更新していますが、表にないものは電話(0120-976-766)で確認してみてくださいね!

査定依頼は今すぐこちら!

無料査定はこちらから|時計バンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です