選んで間違いなし!〜カルティエの定番3モデル〜

高級時計界をリードするカルティエ
本日はその中でも今狙うならこれ!という人気の3モデルをご紹介します。

宝飾界でも時計界でも超一流

まずはカルティエの歴史について少し。
名門ジュエラーとして名高いカルティエに時計部門を作ったのは三代目ルイ・カルティエ。1904年に世界初の本格紳士腕時計「サントス」を完成させます。この「サントス」という名前は、お金持ちの飛行家「サントス・デュモン」の依頼を受けて制作したことが由来になっています。その後も高い技術力で成長を続け、2010年には、自社製ムーブメントを搭載する、「カリブル ドゥ カルティエ」と「バロン ブルー」を発表。高品質でエレガントな時計作りを推進しているブランドです。

カリブル ドゥ カルティエ

定番中の定番、カリブル ドゥ カルティエ。 カリブドゥカルティエカルティエが初めて開発した渾身の自社製ムーブ Cal.1904を搭載しています。分厚いリューズガードとハッキリしたインデックス表示が、高級感だけでなく力強い印象を与えます。この完成度なら選んで後悔することはないでしょう。

サントス

写真のモデルはサントス誕生100周年を記念してサントス100 LM2004年に制作されたモデル。飛行機の客室に使われているリベットをイメージしたビスなど、細部のディテールにもこだわっています。

丁寧な仕上げと高級感もあり、こちらも完成度としては文句無し。

バロン ブルー ドゥ カルティエ

「青い風船」という名を持つこのモデルは、バロン ブルー ドゥ カルティエブルーサファイヤを使った球形リューズとリング状ガードが特徴。プッシュボタンをケース内に統合するなど、美しさにこだわった見事な完成度。ムーブメントも優秀なのでこちらも選んで間違いなし。

今回紹介したモデルはどれもカルティエの渾身の名作です。
もちろん、買取の際には高額査定できるモデルでもあるので、ぜひ時計バンクの競合一括査定をご利用ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です